忍者ブログ
Admin / Write / Res
アイアンの飛距離を一定に保つには、安定したスイングをしないといけません。 比較的覚えやすい左一軸打法で安定した飛距離を出すようにすると上達が早いです。
<< 08   2016/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイアンの飛距離が伸び悩んでいる人に、ピッタリの打法があります。


それは、小池幸二さんの左一軸打法です。


この打法をマスターすると、スイングが驚くほど安定するようになり、
アイアンの飛距離がグンと伸びるようになります。

>>左一軸打法のスイングを見てみる<<


左一軸打法は、理想のスイングと呼ばれるボディスイング理論であり、
正確でパワフルなショットを打てる高い再現性を持つスイングが可能なのです。


アイアンの飛距離の安定を増すために、積極的に動かす部分と、
意識して動かさない部分、という、体の動かし方から学ぶことが必要です。


左一軸打法以外のスイング理論の多くは、腰を回転させる打法ですが、
腰と腕の動きを一体化させるのは難しいものです。


そのせいでアイアンの飛距離が不安定だと、スコアアップは望めないですよね。


しかし左一軸打法ならば、腕を脇に付け、腰のパワーでアイアンの飛距離を
正確に伸ばすことができるスイングが可能になります。


軸を中心にスイングする一軸打法、回転ではなく捻転、これらにより、
合理的な体の各部分の動かし方が身に付くのが左一軸打法なのです。


アイアンの飛距離が伸びるだけでなく、方向性も正確になり、
調子に左右されない正確な飛距離を出せるようになります。


そんな左一軸打法を習得するには、マニュアルで学ぶのがオススメですよ。


>>左一軸打法の実践者の感想はこちら<<











ゴルフクラブ | ゴルフのアプローチ | スライスを直したい | ドライバーの打ち方 | ドライバーの飛距離 | 中古のゴルフクラブ



PR
フリーエリア
プロフィール
HN:
バッケ
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ
Copyright ©  小池幸二のアイアンの飛距離の安定は左一軸打法で解決 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]